痛風の薬の通販(個人輸入)情報 - 口コミ人気ランキング

今見ているページ > 痛風の薬の通販(個人輸入)情報のトップページ

痛風の薬の口コミ人気ランキング

レビュー数が多くて、口コミでの人気が高い痛風の薬をランキング形式で紹介しています。

フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

レビュー数38件(平均口コミ評価★4個半)

「フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)」は、オオサカ堂で通販購入(個人輸入)することができます。

この商品のカテゴリは、「痛風」となっています。

フェブタズ(ジェネリック フェブリク)の特徴は、以下の通りです。

フェブタズ(Febutaz)は、フェブリクのジェネリック薬で、痛風の原因とされる尿酸増加を抑える治療剤(尿酸降下薬)です。

有効成分であるFebuxostat(フェブキソスタット)が、尿酸の産生を抑制し、痛風関節炎や痛風結節、高尿酸血症を改善します。

用法としては、成人は1日10mgより開始し、1日1回経口服用して、それ以降は、血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増やしていきます。

メーカーは、Sun Pharma Sikkimとなっています。

オオサカ堂で個人輸入代行を行ってもらえる「フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)」の販売価格などの詳しい情報は商品画像をクリックしてご覧下さい。

コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg

レビュー数10件(平均口コミ評価★4個半)

「コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg」は、オオサカ堂で通販購入(個人輸入)することができます。

この商品のカテゴリは、「痛風」となっています。

コルヒチンの特徴は、以下の通りです。

コルヒチン(COLCHICINE)は、痛風の発作を抑える薬です。

用法としては、通常、成人は、1日3〜4mgを6〜8回に分割して経口服用します。

なお、年齢や症状により適宜増減するものとします。

痛風の発病予防に使う場合には、通常、成人は、1日0.5〜1mgを服用し、発作予感時には1回0.5mgを経口服用します。

メーカーは、Pharmacare.,Ltdとなっています。

オオサカ堂で個人輸入代行を行ってもらえる「コルヒチン(COLCHICINE)0.5mg」の販売価格などの詳しい情報は商品画像をクリックしてご覧下さい。

ザイロリック(Zyloric)100mg

レビュー数2件(平均口コミ評価★4個)

「ザイロリック(Zyloric)100mg」は、オオサカ堂で通販購入(個人輸入)することができます。

この商品のカテゴリは、「痛風」となっています。

ザイロリックの特徴は、以下の通りです。

ザイロリック(Zyloric)は、尿酸産出を抑え、痛風の発作を予防する薬です。

尿に排出される尿酸が減少するため、尿路結石を合併している人にも向いています。

用法としては、1日2〜3錠を2〜3回に分けて食後に服用してください。

こちらは、有効成分であるAllopurinol(アロプリノール)が100mgのタイプです。

メーカー:GlaxoSmithKlineとなっています。

オオサカ堂で個人輸入代行を行ってもらえる「ザイロリック(Zyloric)100mg」の販売価格などの詳しい情報は商品画像をクリックしてご覧下さい。

痛風ティノスポラ(Tinospora)300mg

レビュー数2件(平均口コミ評価★4個)

「痛風ティノスポラ(Tinospora)300mg」は、オオサカ堂で通販購入(個人輸入)することができます。

この商品のカテゴリは、「痛風」となっています。

ティノスポラの特徴は、以下の通りです。

ティノスポラ(Tinospora)は、痛風、高尿酸、コレステロール血症、肥満、糖尿病の方にオススメな体質改善漢方薬です。

体質改善漢方薬なので、比較的健康な方が飲むことも可能で、体調管理や調整にとても効果があります。

天然ティノスポラエキスが肝臓にたまった脂肪酸を分解してくれます。

オオサカ堂で個人輸入代行を行ってもらえる「痛風ティノスポラ(Tinospora)300mg」の販売価格などの詳しい情報は商品画像をクリックしてご覧下さい。

個人輸入できる医薬品やサプリ

オオサカ堂で個人輸入代行を行ってもらえる医薬品やサプリには、ED治療薬のカマグラやメガリス、低用量ピルのトリキュラーEDやマーベロン、飲む発毛剤のプロペシアやフィンペシア、そして、痛風の薬などがあります。

通風は誤字

よく痛風(つうふう)のことを通風と間違って書いている場合がありますが、通風は誤字や誤植で、正しくは、痛い風と書いて痛風です。

言葉の由来としては、吹いた風が当たっただけでも痛むといった説があるようです。

ちなみに、間違って使われることが多い「通風」は、通風孔(つうふうこう)などで使う漢字です。

プロフィール
痛風の薬の通販(個人輸入)情報を紹介しています。
ダイエット人気ランキング